強いて言えば顎の上のニキビ

musical/sweets/mental

正しく在ることと他人への敬意は比例する『これは経費で落ちません』第6話

f:id:kanehana:20190917001010j:image

台風が過ぎ去ったというのに、まだまだ暑さは続いている。

しかし、朝晩の冷え込みと時折吹く爽やかな風に、少しだけ秋を感じるようになった。

写真は加工なしの秋の空。

 

リアルタイムだと、既に第8話の放送が終了している『これは経費で落ちません』。

今更ながら第6話の感想を書こうと思う。

 

というのも、大変心を動かされた話であったため、乱雑に書きなぐるメモ書きのような感想ではなく、ゆっくりと内容や感想を整理した記録として残しておきたいと思ったからである。

 

 

今回の主役は、経理部の新入社員麻吹美華さん。

自分を隠して人に合わせるのが苦痛で、これまでに7度転職を経験しているいわゆるトラブルメーカー。

完璧正義を目指している彼女と、持論を戦わせる社員たち。

事なかれ主義の日本人の本質に焦点を置いた、興味深い内容だった。

 

麻吹さんは常に正しい。 誰もが思っても口にしないことを躊躇いなく言葉にする。

「大人しくルールを守っている人が損をして、ごねてルールを破る側が得をする。間違ってませんか?」

「相手が神だろうと何だろうとアンフェアや間違いは正すべきだし、疑惑があれば追求すべきです。」

ええ、そうです。そうですとも。おっしゃる通り。ごもっとも。

しかし、暗黙の掟や読まなければならない空気を無視してまで守らなければならないルールなど、日本の社会にはそうそうないのです。麻吹さん。

 

大抵の人は例え自分が正しいと確信していたとしても、間違いを正そうとはしない。

こちらが譲歩する方が楽だし、何より波風を立てることを嫌うからだ。

 

しかし、麻吹さんは誰もが口を閉ざす場面でも真っ向から反論する。

それは上辺だけの関係を築くことよりも、相手にも「きっと理解してもらえる」と信じて疑わない純粋な誠実さから生まれる行動だった。

「周りとうまくやるために、自分を偽ってみたこともあったわ。でもスーツの裾が全部ボロボロになった。」

「人は成長するの。だから相手を信じて正しいことをするの。初めは嫌われたり疎まれるかもしれない。でもきっと分かってもらえる。」

そして他人以上に自分に厳しい彼女には、自分に非があると分かれば素直にそれを認め、謝罪し、相手の意見を受け入れる素直さがあった。

それは、誰もが嫌う秘書課の有本さんに対しても変わることはなかった。

「憶測で有本さんを疑うなんて、アンフェアでした。変わらなきゃいないのは私です。ご迷惑をおかけしました。」

誰もが出来ることではない、彼女の大きな長所である。

 

経理部の面々も当初は彼女の意見を聞き流し、受け入れようとはしなかったが、彼女の本質を知ったことで徐々に受け入れていった。

 

 

そして、前回のお話から自分の仕事に迷いを見せていた森若さん。

彼女の過去と現状を全て理解した上で、麻吹さんははっきりとこう言っている。

「あなたは正しいことをした。あなたは何も間違ってません。」

この台詞は、まだお互いを理解し合えていない入社初期(入金業務を教えるために銀行へ向かう時)と、クライマックスで有本さんの不正を暴いた時の2度発言している。

最初は説得力のなさに首を傾げていた森若さんだったが、お互いを理解し合えた後で再度出た彼女の言葉は森若さんの心に強く響いたようだった。

例えその結果が、グレーゾーンの人間を追い詰める形となったとしても、自分のやってきた仕事は間違っていなかったのだと、誠実で正義の塊のような麻吹さんに太鼓判を押されたのだ。

森若さんはどれだけ救われたことだろう。胸が痛くなった。

自分の仕事が正しく評価される喜びは、社会人にとって何よりも嬉しいものだ。

 

私は麻吹さんのように、自分の信念を曲げずに強く生きることはできないだろう。

やっぱり周囲との関係は気になるし、彼女のように強く発言できる立場にはいないからだ。

しかし、繊細さん特有のよく気がつく特性で不正に気づき、一丁前に正義感は他者より強いものだから常日頃モヤモヤしている。

せめて、彼女のように周囲の人間への敬意と誠実さだけでも大切にできればと思う。

波風を立てることが不誠実ではないと、教えてくれたのだから。

 

「私は常に戦いだと思っています。仕事も人生も。自分と戦って、勝って初めて人は成長するんです。有本さんや佐々木さんにそれができないと決めつけるのは侮辱です。人は変われるんですよ。自分に勝って。」

 

 

 

 

 

 

原作やコミック版も気になる人は是非チェックしてほしい。電子書籍でも購入できるようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村